HEAD LINE NEWS:《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ美逢女(ビアジョ)店舗詳細はこちらから
《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ
美逢女(ビアジョ)
店舗詳細はこちらから

会員制ラウンジで働くことになると、他のナイトワークと同じように連絡先を交換する場面も増えてきます。キャバクラなどと違ってお客様を呼ばないといけないノルマに縛られたり売上を立てないとダメというわけではないのですが、本指名のお客様を増やせば自分のお給料も上がっていくので積極的にLINE交換をしてお客様を呼べるようになった方がベターです。

キャバクラなどと違って会員制ラウンジは名刺が存在しないので、自分を覚えてもらう手段で名刺代わりにLINEの交換をしましょう。

また男性というのは女の子から連絡先を聞かれたらモテた気分がするし優越感にも浸れます。聞いて損はないのでタイミングを見計らって聞いてみましょう。

いつLINE交換をすればいいのか?

LINEを交換するタイミングは大きくわけて3パターンあると思います。

それぞれ紹介していきましょう。

場内指名をもらった時

フリーのお客様について話が盛り上がり場内指名をいただけた時は、帰り際に聞くのがベストです。

お客様との会話が楽しくて連絡先を交換するのを忘れちゃったという風な流れになるとお客様も優越感に浸れます。帰り際に聞くことでより印象に残すこともできます。

お客様が複数人で来た場合は、みんながいるところで連絡先を聞くよりもお客様が1人になる瞬間で聞いた方が男性側からしたらドキドキ感を味わえます。笑

1人になるタイミングは先に他のお客様が出口に向かったりした時やお手洗いのタイミングがあるのでそこを見計らいましょう。

もし1人にならなそうだったら、連絡先を教えて欲しいのでちょっと待ってください。と引き止めるのも良いと思います。

場内指名をもらえなかった時

お客様によってはお気に入りの子がフリーでついても場内指名をいれずに、他の女の子をたくさんみたいという人もいます。

付け回しに呼ばれて席を立つ前に、楽しかったので連絡先教えてもらってもいいですか?と言って聞いちゃいましょう。

先ほども言ったように男性は連絡先を聞かれるだけでモテた気分にもなるし気持ちが良いものです。

この際に注意したいのは店外(お店には来ないけどお店の外で会うこと)を要求してなかなかお店に来てくれないお客様もいるので連絡をしている時にお店に指名して来てくれるか判断しながら連絡をしましょう。

アフターに行った時

お客様は自分のお気に入りの子がいたら場内指名をして、その後アフターも一緒に来てもらいたいと思います。

アフター先はお客様によって違うのですが、バーで飲み直したりご飯を食べに行ったりと様々です。

場内指名をもらってアフターに行くまでにお客様に連絡先を聞かれなかったらアフター先に移動した時に聞いてみましょう。

お店の外で連絡先を聞かれるという状況は普段よりも特別なので、男性からしたら自分はこの子に気に入られてるのかなと思います。より強い優越感に浸ります。笑

LINEを送るのは自分から

LINEを交換してお客様と別れたらなるべくすぐに連絡を入れましょう。

その時送る内容は、まずお礼の文章とあとは接客中に話したことを少し入れて短めに送るのがベストかと思います。

お客様も長々とした文章が来るより一言で返せる文やスタンプだけで足りる方が良いです。

もしその後も話を続けていきたそうな感じだったら返信していきましょう。

わざわざ連絡するの面倒臭いと思うかもしれませんがその1つの連絡で次に本指名で来てくれたり同伴してくれたりへと繋がるのですぐ慣れると良いです。

ナイトワークの始めたてはお客様にLINEを教えるのも抵抗があったりもするかもしれませんが、自分の時給アップや指名バック、売上バックなどお給料の面でもプラスになることが多いし、会員制ラウンジに来る富裕層な方との人脈を作る手段でもあり自分の可能性も広げることができるので、スムーズにLINE、連絡先を交換し連絡もマメにできるようにしていきましょう。

会員制ラウンジ専門のバイト求人サイト「ラウンジプレス(LoungePress)」は、厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して働けるラウンジをご紹介させていただいております。