HEAD LINE NEWS:《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ美逢女(ビアジョ)店舗詳細はこちらから
《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ
美逢女(ビアジョ)
店舗詳細はこちらから

皆さんこんにちわ。

ラウンジプレスがお伝えします。

今回は数多くのナイトワーク業界のバイト求人情報などを元に、当社で独自にリサーチした店舗やエリアの特徴を含め、どうして高額時給が掲示されるのか、またはどうしたら高額時給あるいは高額日給が保証されるのかを、紹介した女の子などにリサーチを重ねて書いて行きたいと思います。

ナイトワークのアルバイト求人情報を見ていると、登録制、高収入、高額時給保証、ノルマ無し、終電上がり可能、自由出勤ok、週1~ok 、ダブルワークok、未経験ok 、体験入店時給◆※$+円~、交通費全額店舗負担、即日体験入店可能、短期シフト歓迎、完全私服、日払い可能、入店祝い金支給、ヘアメイク完備などと気軽に女の子がアルバイト応募できるような様々な魅力的かつメリット満載の条件が掲げられています。

ナイトワークにはどのような採用基準があるのか?

まずナイトワークの業界では容姿を含めスタイル、会話する能力、経験値、勤務日数、お酒okか、店舗のカラーや雰囲気に合っているか女の子の希望条件が厳しくないか、店舗側が採用した際に扱い易いかなどといった様々な要素で採用基準が決められてきます。

エリアや店舗のランク(中級店や高級店)によって女の子に求められる条件は変わるのか?

キャバクラなどでいいますと東京都港区の六本木、新宿区の歌舞伎町エリアなどの高級店と言われる店舗になりますと、応募面接の際にシフトなどの勤務日数が週1~なのか週3~なのかだけでも時給が変わってきますし、アフターに行けるか否かを店舗側のスタッフが詳しく聞いてきます。

勿論、高額時給が掲示されるには様々な要素をクリアしてからの話になります。

ナイトワークのサイトマップを見ると、北は北海道エリアのススキノに始まり、東北エリアは仙台の国分町、関東エリアだと東京都の銀座、六本木、歌舞伎町、神奈川の横浜、東海エリアは名古屋の錦、関西エリアは北新地やミナミ、九州エリアだと福岡の中洲、沖縄だと国際通りといって多岐にわたって様々な新規の職種の店舗があり日々、newopenしたり閉店したりと、そうなると各店舗のカラーも異なってきます。

東京都新宿区の歌舞伎町では正統派である金髪で綺麗系キャバ嬢だとしても、東京都港区の六本木のニュークラブではカラーが違って、店舗側が清楚系を求めるので不採用だったりすることもあります。

働くスタイルも様々で東京都新宿区の歌舞伎町のキャバクラだと完全にドレス指定、完全にヘアメイク絶対でないと働くことが出来なかったりするのに対して、東京都港区の六本木エリアのキャバクラやニュークラブ、ラウンジなどだと完全に私服でもokだったり完全にヘアメイクまで自由だったり、在籍扱いをする店舗なのか、または登録する制度なのかといった様々な募集要項も変わってきます。

ここはプラスアルファで採用基準で考えてくれることが多く、ラウンジよりキャバクラやクラブでの面接ですと重視されることが多いです。

やはりお酒が飲めないとナイトワークのバイトは厳しいのか否か。

またお酒が飲めるかというのも重要でして、ナイトワークのお仕事は職種(クラブ、キャバクラ、ラウンジ、スナック、パブ、ガールズバー)など問わず、お酒を扱うのが基本で抜きもの(ワインやシャンパン)などで新規のお客様を含めて幅広い層から支持を得ることで単価を上げていくことができ、お店全体の雰囲気、具体的に言うとホールに活気が生まれて相乗効果が期待されます。

一滴も飲めない女の子ばかりでは、店舗側も単価を上げることが出来ないので女の子に時給として還元してあげることができません。

面接の際でも入店して、お客様の席でも嘘でも良いので「弱いけど好きです」と言うようにしましょう(笑)

抜き物の少ない店舗はホールも活気もないですし、賑わいもありません。

詰まるところノンアルコールで単価やお客様のテンションを上げることはできないのと賑わいのない店舗(ホール)では新規のお客様も入ってこないですし、お酒を飲めることに越したことはないのです。

面接ではどう自己アピールをすれば良いのか?

例えば未経験でもシフトの勤務日数も多く、面接の際にお酒もokで、アフターもokですし頑張ります!という熱意をスタッフしかり店長に伝えることができれば募集情報に掲示されてる時給よりも高額な時給を店舗側のスタッフから掲示されることでしょう。

また、逆に未経験でダブルワークや学生さんなどで、終電上がり希望などでシフトの勤務日数も少ない感じですと、店舗側も採用する際にメリットがないので、求人情報に掲載されてる時給よりも低い金額かまたは、不採用と言った結果になることもあるでしょう。

そして経験者の場合で夜一本の場合の女の子ですと、シフトの勤務日数も含めて、持ち客はどれくらいいるのか、前の店舗でどれくらいの売上があったのかなどを踏まえて魅力的に自分をアピールすることが出来れば面接するスタッフも、この女の子を採用したら店舗側にメリットがあるなと思い採用してくれるでしょう。

また経験者でダブルワークの女の子で、シフトの勤務日数にばらつきがある場合ですが前店舗で同伴をどれくらいしていたかなど女の子自身の魅力を店舗側のスタッフに伝えられれば問題ないでしょう。

クラブ、キャバクラとラウンジの面接は何が違うのか?

なぜキャバクラがラウンジと違って出勤日数や営業ノルマなどを的に絞って面接の際にスタッフが根掘り葉掘り聞いてくるかというと、女の子のシフトの勤務日数と営業力や魅力などの経験値など全て総括して面接で判断することによって、店舗にどれくらいのメリットがあるのかという的にしてる訳です。

根本的に一番大事なのが愛嬌があって、この女の子と話してると楽しめるなと面接の時からスタッフしかり店長に思わせることです。

うまく話せなくても愛嬌があって笑顔でいるとお客様も一緒にいて楽しんでくれます。

この記事を通じて高級店舗に入店や登録を考えてる女の子、弊社の募集広告を通じて応募した際には、ナイトワークの面接対策や入店後のフォロー、面接の際の高額時給の交渉や条件を含め、ベテランスタッフによるナイトワークに精通したスタッフが面接のポイントなど細部に渡り、ラウンジプレスのスタッフが親切丁寧に数多くのナイトワークの店舗から最適なオススメの店舗案内を対応させて頂きますので、宜しくお願い致します。

会員制ラウンジ専門のバイト求人サイト「ラウンジプレス(LoungePress)」は、厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して働けるラウンジをご紹介させていただいております。

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫