HEAD LINE NEWS:《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ美逢女(ビアジョ)店舗詳細はこちらから
《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ
美逢女(ビアジョ)
店舗詳細はこちらから

水商売、ナイトワークといえば、常日頃から営業連絡でのお客様へのアプローチがつきものです。

特にメール機能やLINEなどは、連絡手段として手軽な必須アイテムです。

クラブやキャバクラ、lounge、パブ、スナック、ガールズバーなど多くのお店がありお客様によっては様々な店舗に行く人が多いので
「六本木の◯◯店の◯◯ちゃん」などとメールやLINEで思い出してもらう必要性があるのです。

でも、人と人とのやり取りである限りは、「とりあえず送れば良い」というわけにはいきません。

ちょっと間違えたりすると、店に来てくれるどころか「鬱陶しい」「もう二度と行かない!」と思われてしまうので、注意が必要です。

今回は、営業メールや営業LINEを送るときの注意点やタイミングついて、4つほどご紹介して行こうと思います。

知っておくのと知らないのとでは、営業成績に差が出ること間違いないでしょう。

お客様が既婚者なのか独身なのか?

もし事前に相手が既婚者かどうか分かっているのなら、大抵は席でお客様との会話の中で事前に探ることができます。

席で連絡先交換→お礼のメッセージは通常のルーティンですが、お礼のメッセージを送るにしても、既婚者には絶対に朝や遅い深夜などにメールやLINEを送信してはダメですよ。

なぜなら朝は大抵が家族での朝食の時間や深夜なら家にいる時間帯だからです。

ナイトワークの女の子にとっては「お客さん」でも、本来は「一家の大黒柱」であり「子供のパパ」であり「大切な旦那様」でもあるのです。

風呂に入ってひと段落している間に、置いたままの携帯にあなたから「この前は会えて嬉しかった♪」なんてメールやLINEが届いては一大事です。

もし奥さんが目にしたら、「なにこのメール!浮気していたの!?」なんて夫婦喧嘩の原因になりかねません。

「キャバクラは浮気じゃない!そもそも手さえ触っていないんだぞ」なんて反論したところで、「なんでキャバクラに行くの!?」「キャバクラって高いんでしょ!出費の多い時期なのに何考えているの!」「この前、残業で遅くなるって言っていたけれど・・・もしかして残業じゃなくてキャバクラに行っていたの!?」なんて、大反論されるのは目に見えています・・・。

ベストなタイミングとしては夕方の時間帯だと思います。

1、仕事終わりでアフター5をどうするか考えてるから。

2、お酒も入ってなく素面なのでどこのお店の女の子だったか思い出してくれる。

深夜などに連絡すると、お客様によってはお店の営業時間が終わったからあわや呼び出せるのではないかなど考える人も少なくないので、面倒なことが増えてしまいます。

メッセージには店に来て欲しい気持ちは抑える必要性。

営業メールは、主にナイトワークに従事する女の子の「勤務時間外」に行われます。

本来ならば、営業時間外はゆっくり体を休めたり、あるいはショッピングなど趣味に費やしたいプライベートな時間です。

営業メールの目的は、お客さんに店に来てもらうことですよね。

ですからストレートに「店に来て!」と打って送信するのが一番なのですが・・・あまりにもストレート過ぎる内容ではお客様にも響かないどころか鬱陶しいと思われてしまうのです。

分かりやすく例えると自宅に届く折り込みチラシやケータイにひっきりなしに届くダイレクトメールなど必要性がないどころか、時に鬱陶しいとすら感じるでしょう。

まずは、まるでお客さんと彼氏彼女の関係性になったかのように、距離感を縮めながら他愛のない世間話から始めましょう。

例えば、「お仕事お疲れ様です♪今日は雨が降ってるから、濡れて風邪ひいてしまわなかったかと心配しています!」なんて無難な話題から始めて、何往復かやり取りした後、「もしアフター5に時間が取れそうなら、雨が止むまで、お店で雨宿りしていきませんか?会いたいなぁ」・・・と、営業に繋げていきましょう。

メールの最初から、「そろそろ会いたいなぁ!お店に来て」だと、あからさまな営業すぎてやはりお客さんは良い印象を持ってくれません。

あくまで、相手を労いつつもできたらお店にいるから来て欲しいなと伝えること。

「急がば回れ」ですよ。

SNSが発達してる時代だからこそ個人情報には気を付ける。

以前まではメールアドレスやLINEなどのアカウントだけしか教えなければ、それ以上の個人情報は出回る心配はなかったですが、最近ではTwitterやFacebook、Instagramなどにリンクして投稿やシェア、タグ付けできたり便利になった反面で簡単に個人を特定できる物騒な時代です。

疑似恋愛を通り越して、あなたのことを心から好きになるお客様がいたとしても、決して不思議ではありません。

お客さんがストーカー化するのを防ぐために、あるいはあなたの個人情報を保護するためにも、自分の個人情報があまりにも開示してないかなどは把握しておきましょう。

例えば、「今ようやく、最寄りの〇〇駅に着きました!やっぱり、駅から徒歩3分のマンションに決めて良かったー♪」なんて送信するだけでも、あなたの住むアパートがある程度特定できてしまうのでご注意くださいね。

いくら信用ができると女の子が考えていても大多数のお客様は恋心や下心を持ってお店に来店しているので、むやみやたらに個人情報を垂れ流すのは禁物です。

ネガティブな内容は送らない。

人間たるもの、誰しも弱音を吐きたくなることはあります。

増してナイトワークとなると人間関係などてストレスが溜まりがちな仕事は間違いないです。

でも、営業メールやLINEでネガティブな内容を記載して送信するのはやめておきましょう。

例えば「疲れた」「病んでる」などとメールを送信しても、受け取ったお客様としては返答に困ってしまいます。

「飲み過ぎた」「二日酔い」なども同じでお客様からすると、別のお客様と飲んだだけだろ、仕事で飲んでるだけだろなどと思われて終わりです。

長い付き合いがあるお客さんなら、一度くらいはそのような「弱み」を見せても逆に好まれるかもしれません。

しかし知り合って間もないお客様にはネガティブな内容はNGです。

「なんだか面倒臭い子」というイメージを与えてしまっては、指名どころではありませんよね。

逆に、「直接話していても楽しいし、メールしていても楽しい」と思わせることができれば、あなたの指名客として固定できる可能性がかなり高くなることでしょう。

元気いっぱいの明るいメールで、お客様の心をガッチリと掴めるのがベストです。

最後に

営業メールやLINEを送るときの注意点を4点ほどまとめてきましたが、いかがでしたか。

タイミングにも気を付けなけばいけませんし、内容にも配慮する必要があります。

「大変すぎる」と感じるかもしれませんが、慣れてくればコツが分かってルーティンワークのようにこなせますよ。

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。
短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています。

当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫