HEAD LINE NEWS:《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ美逢女(ビアジョ)店舗詳細はこちらから
《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ
美逢女(ビアジョ)
店舗詳細はこちらから
 
初めて会員制ラウンジの面接をするときはとても緊張しますよね。
一人で面接に行くのは不安だなという方は友達と一緒に面接に来るかと思います。
 
今回は、会員制ラウンジの面接で友達と行くときのメリットとデメリットをご紹介します。
 

メリット

一人ではないので不安がなくなる

 
初めて会員制ラウンジの面接に行くときはとても緊張しますよね。
夜のお仕事を経験のしたことがない方が大多数だと思うので、どんな仕事を実際にするのか、どんなスタッフが働いているのか、どんな女の子が働いているのか、どんなお客さんが来るのかなどなどいろいろな不安がありますよね。
 
 
そんな時に友達も一緒だと心強いと思います。
面接に行くまでの道のりや、働いている時に心配事があっても、話し相手がいるだけでも気持ちが変わってきますよね。
 
 

友達と相談してお店決めできる

 
会員制ラウンジは六本木、恵比寿、西麻布、銀座、赤坂とたくさんのエリアにたくさんのお店があります。
 
 
一人ではどこのもお店にしたらいいか悩んでしまうかと思いますが、友達とであれば2人でお店を見ることができるので相談しながら決めることができます。
 

デメリット

2人とも採用されるとは限らない

 
面接で採用される基準というのはまず第一に容姿が重要となってきます。
 
 
一緒に面接をする友達と全く同じ容姿でしたら、一緒に面接を受けるのもいいのですが、同じ顔に整形しない限りはそのようなことはありませんよね。
 
 
お店によって可愛い系を採用するお店や、綺麗系を採用するお店など様々です。
自分と友達との容姿、系統はもちろん違うと思うので、このような理由から面接は別々に行くべきだと言えます。
 
 
また、毎回どちらかが面接に受かりどちらかが面接に落ちたりすると友好関係も気まずくなってしまします。
 
 
お店も商売でやっているのでどちらか片方が不採用でも友達同士だから採用にしてあげようということはほぼありえないです。
 
 
採用しても辞めるタイミングも同じになるのかもしれないなと思われてしまうことが多いので、2人で面接に来る子は1人で来る子と比べて採用確率が低くなってしまいます。
 
 

同じ条件や時給にはならない

 
2人で面接をしに来る子に多いのですが、希望の条件や時給なども一緒にしてくる子が多いです。
しかし、店舗側からしたら女の子それぞれの容姿や接客の様子によって時給の査定をしていくので、2人とも同じ条件で同じ時給になるということは非常に少ないです。
 
 
友達の方が時給が低いから言わないでおいてね、と言われることも多々あるので、お互いに隠し事をしながら働いていかなくてはならないといけない状態になってしまします。
 
 
また、友達との差をつけすぎないように本来だったらもう少し条件も時給もよくなるのに、友達と近い条件にされてしまい、納得のいかないような待遇になってしまうこともあります。
 

お店に馴染みずらい

 
友達と2人で入店した子より、1人で入店した子の方がお店に馴染むのが圧倒的に早いです。
 
 
2人で常にいると、周りの女の子も話しかけずらかったり、自分たちもわざわざ他の女の子に話しかけようかなとはあまりならないです。
 
 
基本的に1人で面接にきて、そのまま入店する子が多いです。
1人でいても話しかける機会、話しかけられる機会はたくさんありますので心配しなくても大丈夫です。
 
 
自分が働くお店に仲の良い子たちがたくさんいた方が断然働きやすいです。
女の子からお客さんを紹介してもらって指名をもらえることもあるし、アフターに一緒に行ってくれたりとメリットがたくさん増えます。
 
 

同じシフトで働けるとは限らない

 
仮に一緒に採用されたとしても、シフトまで一緒になるとは限りません。
指名の取れる子、売上の良い子、同伴が出来る子がまず優先的にシフトを入れてもらえます。
 
 
自分と友達とでは指名や売上が全く同じとは限らないので、同じ曜日にシフトを入れることができない可能性があります。
 
 
また、どちらかが出勤調整されてしまい、全然出勤できなくなるということもあります。
そのようなことになると友好関係も気まずくなってしまうし、友達が他のお店に移動したいと言ってくることもあるかと思います。
 
 
自分は周りに馴染めて楽しく働けているのに、友達に合わせなければいけなくなってしまう状況になってしまうこともあります。
 
 
出勤調整と同じように、早上がりにされるか席に一度もつけてもらえず自然と女の子が退店するのを待つか、友達と切り離してうまく退店まで持っていくということも全然あります。

結局どちらがいいのか

 
結論から言うと、面接は1人で行った方が断然良いです。
 
2人でいくメリットはほぼないのでできれば1人で面接に行った方が良いです。
条件や時給や待遇でも圧倒的に1人で面接をした方がいいです。
 
 

それでも2人で面接したい場合は

 
まず、同じお店で働きたいなら、面接の日程をずらし別々に行きましょう。
条件や時給も別々に伝えられるので友達に気を遣う必要がないです。

面接を一緒に行きたい場合は

 
一緒に働けたらラッキーの気持ちで面接をする。
 
既に言ったように、条件や時給が違ってきたり、どちらか片方が不採用になったりすることはあってもそれはそれと割り切って気まずくならないならば2人で面接に行くのもありです。
 
 

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。
短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています。

当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫