HEAD LINE NEWS:《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ美逢女(ビアジョ)店舗詳細はこちらから
《新店舗情報》恵比寿の会員制ラウンジ
美逢女(ビアジョ)
店舗詳細はこちらから

皆さん、高級クラブと言えば銀座と六本木のクラブを想像するのではないでしょうか?

ただ、どちらでホステスをしたらいいのか、果たして実際どちらが良いのか、何が違うのかよく分からない人達が多いと思います。

なので今日はその違いを教えていきたいと思います!

飲みに来られるお客様の客層が違う

銀座と六本木での違いは、お客様の年齢層でしょう。

簡単に言ってしまうと、銀座クラブは年配客、六本木クラブは若者客になっていて、お客様のカラーが変わっています。

銀座は日本有数の繁華街であり広義における下町の一つでもあり、東京を代表する高級商店街としています。

高級ブランドショップには日本人のみならず海外からの観光客もショッピングに訪れる伝統ある街、それが銀座です。

その為富裕層が中心で、お金と一緒に時間にも余裕がある人達が多いのも特徴的で、大手企業の会長や社長や役員、一流企業の経営者が二代目を連れて行ったり、有名人の接待に利用したりといったそれなりの地位の高い人達が通っています。

なので、「お酒を飲んでストレスの発散の場所」「キレイな女性と楽しく会話できる場所」と通っているお客様の側面もありますが、銀座のクラブは一流の人同士の社交場としてもあるのです。

銀座は老舗クラブもあるので、よって年齢層が高い人達が利用されているのです。

六本木がある港区は一流起業のオフィスが立ち並び、超有名な六本木ヒルズなどセレブなカルチャーの中心となっています。

六本木は活気あるエンターテイメントの街であり、地元住民と観光客が入り混じって深夜バーやクラブをにぎわせています。

飲食店も多く建てられ、巨大な繁華街へと成長し続けていることもありヒルズ族という言葉も産まれました。

六本木にオフィスや住まいを構えることは成功の証ともなっているかもしれません。

この街に住むということが、ハイステータスとなる為、多方面から若い成功者達が集まっているのです。

なので、銀座のお客様のようなお堅い職業や役職と違って若いフランクなお客様も六本木の高級クラブには集まります。

働いているホステスの年齢層が変わる

銀座と六本木では、皆さんも何となく年齢層の違いを感じているのではないかと思いますが、そうです、銀座と六本木では銀座のがホステスの年齢層が高めになっています。

先程も客層の違いを説明したように、銀座のが年配のお客様が増える為、このナイトワークの常識的にも年齢を重ねると、六本木から銀座に移って仕事をされるホステスが多いのです。

六本木だと20代前半から中半、銀座だと20代後半からが多く働いているイメージになります。

銀座の高級クラブでは、上品さを意識されているので清楚系の女の子を求めています。

接待で利用したり、おもてなしを求めてくるお客様の来店が多い為、ホステスには品の良さを重要視しています。

六本木の高級クラブでは、もちろん上品さは意識されてはいるのですが、容姿やルックスの良さも意識されています。

若くて派手めな服装や化粧をする女の子を好むクラブもありますし、分かりやすいキャバ嬢みたいな身体のラインが出るような短いスカートを履いたり、艷かやな印象を与える女の子が集まっているお店もあります。

銀座高級クラブと六本木高級クラブの給料の違いや、送り(ドライバー)について

銀座高級クラブと六本木高級クラブでは、給料が変わってきます。

銀座高級クラブにはほとんどの店指名バックが付きませんが、六本木高級クラブには指名バックが付いています。

指名バックが付かない銀座の方が稼げないのか?と感じる女の子もいるかもしれませんが、銀座のがその分日給が高めに設定されています。

そして銀座クラブの良さとしては、ホステスが純売上を10万円作ると日給が2000円ぐらいスライドしていく形が主流になります。

銀座は客単価が高いので、富裕層のお客様から指名をいただければ自分の売り上げを作りやすいのが特徴です。

六本木クラブは決められた日給+同伴、本指名、場内の指名バックが1本ずつバックされていくので、お客様に気に入ってもらいやすいホステスや、指名数を取れるホステスであれば指名バックで大きく稼ぐことができるようになっています。

銀座のクラブは専属のドライバーを雇っているお店がほとんどなく、「白タク」といわれる送迎業者を使って、いわゆる一般人のタクシーで銀座のホステスは自宅へと帰っていきます。

白タクというのは正規のタクシーとは違って、個人でやっているタクシーになります。

タクシーと違って、目的地が正規料金より4〜5割ぐらい割安になるのが特徴で、ほかの人と乗り合わせで個人の車に箱詰めで乗っていくという感じです。

六本木のクラブはお店で専属のドライバーを雇っています。

距離で送り料金が変わっていく形になっていて、23区内でも六本木に近い場所は1000円くらいで、23区外だと2000円から3000円くらいになっていて、あまりにも遠い場所は送り不可になっているクラブがほとんどとなっています。

23区内で働くホステスにとっては六本木クラブの専属ドライバーを利用した方が経費が掛からないで済むと言ったところでしょう。

まとめ

どちらにもメリットはありますが、銀座クラブはナイトワーク経験や、クラブ経験がある女の子の方が稼ぎやすいかもしれません。

売り上げ制で日給もスライドしていくので、自分のお客様を多く持っている人は日給も上げやすいので、経験者は銀座クラブのが良いでしょう。

お客様も富裕層でお堅い年齢が高めな客層なので、働く女の子も落ち着いていて品のある子で見た目も清楚系ならなお良いと思います。

六本木クラブはナイトワーク経験が浅い子や未経験の子でも日給にプラスして指名バックが付与されるので、すぐに給料に還元されやすいのは六本木クラブかもしれません。

比較的年齢が若い富裕層のお客様の来店も多いので、派手めな服装や化粧を好む女の子は六本木クラブの方がウケが良いでしょう。

どちらにもメリットや良さもあるので、参考に選んでいただければと思います。是非ラウンジプレスに相談してみてください!

関連記事

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。
短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています。

当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫