イメージ画像

ラウンジはキャバクラやクラブと違ってあまりオープンにされてない業態なので調べてもイマイチわからないなんてことも多いですよね。

そこで今回は「ナイトワーク未経験でもラウンジで働けるの?」というお問い合わせが多いのでその質問について答えていきます。

会員制ラウンジとは

会員制ラウンジとは”東京都港区を中心とした隠れ家的な大人の社交場”のことを言います。

わかりやすく言うと会員制のバーみたいな感じです。

ラウンジの発祥としては、芸能を目指してるモデルやアイドルの子たちが売れるまでにキャバクラで働いていた時代に仕事の都合でいきなりの休みや長期の休暇をしてペナルティーが発生して思うように稼げなかったり、売れたときにキャバクラを過去にやっていたとバレてしまうとそのタレントのイメージダウンになってしまいそこをうまくどうにかできないかと考えられた業態が会員制ラウンジになります。

なのでキャバクラと違ってゴージャスな内装ではなくカフェやバーのようなおしゃれな雰囲気の内装のお店が多く、在籍の女性もお客様と言った感じでお店に来るのでタバコに火を付けたりお酒を作ったりすることはありません。

ラウンジがあるエリアとしては「六本木、西麻布、恵比寿、銀座、赤坂、青山、三軒茶屋」があります。

東京独特の文化になるので大阪や名古屋、福岡や北海道には存在しません。

会員制ラウンジとキャバクラ、クラブ、ガールズバーはなにが違うの?

会員制ラウンジはナイトワークの中の一つで他に有名な職種としてはキャバクラ、クラブ、ガールズバーがあります。

ここでまず大きく二つに分かれていて、

ラウンジ、キャバクラ、クラブ:お客様の隣に座って接客

ガールズバー:お客様の隣には座らずカウンター越しの接客

となります。

それぞれの特徴を説明すると

ラウンジ

キャバクラやクラブと違って基本的にはお酒を作ったりタバコに火を付けたりするなどの接客行為はありません。

仕事内容としてはお客様の隣に座ってお話しをするだけです。

私服での勤務がOKで、シフトも自由で、ノルマやペナルティもないので学生やOLに人気の職種になります。
学校終わりや会社終わりにそのままの格好で行けるのでダブルワークにも適しています。

キャバクラやクラブと比べると在籍している女性の年齢は若めで22〜24歳くらいが多いです。
接待の利用はあまりなくプライベートで利用するお客様がほとんどです。

採用基準は比較的高めになり受かる女の子の特徴としては容姿が良くスレンダーであります。
平均時給は4000〜5000円くらいとキャバクラやクラブと比較すると低めです。

未経験や終電上がりを希望する場合は3000円前後の時給になる可能性もあります。

売上や指名数で時給が上がるなど明確な基準がないので自分で交渉する必要があります。

キャバクラ

ナイトワークで一番知名度があり、仕事内容はお酒を作ったりタバコに火を付けたりします。

勤務時の服装はドレスかワンピースで私服はNGです。

ノルマやペナルティは昔に比べると少なくなってきたり緩くなりましたが当日欠勤や無断欠勤は罰金を取られることがあるので気をつけましょう。

高級店になるとノルマもペナルティも一切なくラウンジスタイルで働けるキャバクラもあります。
「VENET TOKYO」「VENET TOKYO SHIJUKU」「花とみつばち」がそのようなスタイルでやっていて非常に人気です。

平均時給は5000〜6000円で高級店になると9000円くらいです。

ラウンジと違って売上やポイントスライドで時給が上がるのでガッツリ稼ぎたい子はキャバクラがいいでしょう。

クラブ

銀座、六本木にありキャバクラ、ラウンジ、ガールズバーとの大きな違いはママがいること。
接客スタイルもラウンジ、キャバクラのようにマンツーマンで接客するのではなく1人のお客様に対して複数の女の子で接客します。

 

個人戦ではなくチーム戦で接客したい女性にオススメです。
客単価がズバ抜けて高いのでそれに伴い客層も一番良いです。
企業の会長クラスの方が接待で利用するのが多いです。

勤務時の服装はドレスかワンピースで私服はNGです。

基本的には出勤ノルマがあり最低週3以上のシフトが必要です。
ノルマ、ペナルティもありノルマは本指名か同伴を月に1〜3本程度です。
クラブは日給の保証がされてるため遅刻や欠勤は結構うるさく言われてしまうので気をつけましょう。

最低時給が5000円で平均時給は6000〜7000円くらいです。

ガールズバー

ラウンジ、キャバクラ、クラブと違いカウンター越しでの接客をします。
隣に座ってでの接客が嫌な女性にオススメです。

お店が暇な場合は外に出てキャッチをするのがデメリットで真冬なんかだとまあまあきついです。

時給は1200〜1500円と安めですがドリンクバックがありもらいやすいのと朝までの営業をしているため長時間働けてその分稼ぐことができます。

基本的には始発で帰ることになるので、送迎先が遠すぎてラウンジ、キャバクラじゃ送迎は出ないなんて方は始発まで働けるガールズバーがいいでしょう。

会員制ラウンジの客層は?

ラウンジの客層はキャバクラとほぼ変わらないです。
お店のオープンがキャバクラよりも遅いので2件目や3件目に利用する方が多いです。

女の子はタバコに火を付けたりお酒を作ったりしないため接待での利用よりプライベートで利用される場合が多いです。
そのためラフな感じで接客できるので未経験でも接客しやすいかと思います。

年齢で言うと30代後半〜40代で職種は不動産、IT系、芸能系の方が多いです。
たまに20代で成功したベンチャー企業の社長も来るので若いお客様の方がいいなという方にはオススメです。

お酒を飲むかどうかはお客様とお店によって違ってきます。
その日の気分で普段はあまり飲まないお客様がシャンパンをたくさん入れたりなどもあるのでラウンジだからお酒を飲まなくて大丈夫なんてことはないので気をつけましょう。

女の子用のドリンクでノンアルコールドリンクでの対応をしてくれるお店もあるのでお酒が苦手な方はノンアル対応しているお店を選ぶといいでしょう。

ナイトワーク未経験者がラウンジを選ぶ時の注意点は?

ナイトワーク未経験だと受かりにくいのか心配する方もいますが結論から言うとナイトワークの経歴で合否に影響が出ることはありません。

ラウンジはタバコに火を付けたりお酒を作るなどの接客行為が入らないため経験者じゃなくてもすぐに働けます。
またノルマもないのでお客さんを持っていなくても大丈夫です。

ラウンジの採用基準としては容姿が第一に見られます。
ここで言う容姿は顔とスタイルのことで顔はお店のカラーによって可愛い系がうけるお店、綺麗系がうけるお店があります。
スタイルはスレンダーであることが条件であり面接の際は少しでもスタイルを良く見せるための高めのヒールを履きましょう。

間違ってもスニーカーで面接はNGです。

次に大事なのは愛嬌です。
いくら容姿が良くても愛嬌が悪く面接の際の受け答えもしっかりできないと印象が悪いです。

笑顔で話すことと、しっかり相槌はうち、ボソボソと喋らずはっきりと喋りましょう。

お店選びの注意点としては自分の希望の条件を明確にさせることです。

・自分のカラーとお店のカラー

・終電上がりの可否

・ノンアル対応の可否

・送迎は出るか

この辺りを確認してから面接に行くことをオススメします。
面接に行く前は弊社スタッフとのヒアリングをして面接対策をしっかりとしてから向かいましょう。

そのときに疑問点や不安点があればなんでもお聞きください。

ナイトワーク未経験でも会員制ラウンジで働ける?選ぶ際の注意点とは

「ナイトワーク未経験でもラウンジで働くことはできる。」

お店によって採用の条件は異なってくるため事前のヒアリングで面接対策をして採用確率を上げていきましょう。

またラウンジを最初は希望してたけどキャバクラ、クラブ、ガールズバーの方が合うかも。なんてこともあるのでまずは気軽に応募してください。

安心してナイトワークを始められるようにサポートします!

関連記事

 

 

ラウンジプレス

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています。

当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫