/**/

ナイトワークの中でも特に若い女性が中心で働きやすいガールズバー。
大学生なども働いていることが多く、アルバイトとしては他と比べても比較的時給が高い傾向にあります。

そこで今回はそんなガールズバーのお仕事の詳細と特徴についてしっかり解説していきたいと思います。

ガールズバーってどんなお店?

イメージ画像

バーテンダーが全て女性のバーであり、お客様はカウンター席に着席し、カウンター越しに接客する形の店舗です。
ボックス席のある店舗もありますが、ボックス利用の際は基本的に女性は接客にはつかず飲み物を運ぶだけになります。

料金形態はチャージ(席料)付きのショットや時間制の飲み放題があり、バーテンダーにドリンクを飲ませる、飲み放題メニュー以外のドリンクを頼む、ボトルを卸す等していくと料金が別途かかるシステムとなっています。

店舗によってはカラオケやダーツ等のアミューズメントを完備しているところもあり、一般的なお酒を楽しむためのバーと比べると賑やかな雰囲気です。

利用されているお客様の層も20代~30代の若い男性が多く、団体でお客様が入ることも多く大人数でワイワイするのが好きな人が集まりやすくなっています。
1人で来店されるお客様も珍しくありませんが、2名以上の複数人のお客様が多い傾向です。

ガールズバーの基本的な接客

ガールズバーはキャバクラやラウンジと違い、カウンター越しの接客のみとなります。
キャバクラやラウンジに比べるとお客様との距離が近過ぎず、初めて夜のお仕事で働く女性にとって働きやすい環境です。

ガールズバーで働く女性の中にはキャバクラやラウンジを経験した後に
「お客様ともう少し距離を空けて接客したい」という思いから、ガールズバーに入店している方もいます。

また上記でも述べた様にガールズバーには複数人でお客様が入ることが多く、仲間内で話が盛り上がってくれることも多いため、ある程度トーク力に自信が無くても問題ありません。
お客様達の盛り上がっている会話に少し参加する、という程度でも十分に喜んでもらえます。

他にもダーツやゲームをしたり、カラオケを歌っている間は合いの手を入れたりすることでお客様の気分も盛り上げることができるので、会話がなくともしっかりお仕事をこなせます。

ガールズバーの服装は?

イメージ画像

ガールズバーはキャバクラやクラブのように決まった服装はなく、カジュアルな服装で差し支えありません。
それによってお客様もさほど緊張せずに和やかなムードで話せるといったメリットもあります。

ハロウィンやクリスマスなど、季節によってはコスプレをしたりと自分のキャラによって服装に特徴を持たせることも可能です。

ヘアセットは特に必要はなく、最低限整えてさえいれば大丈夫なのもガールズバーの特徴の一つ。
自身の誕生日イベント等ではドレスやヘアセットをバッチリ決める女性もいらっしゃいますが、普段の出勤の際は特に過剰なヘアセット等は必要ありません。

また過剰に露出のある服装は風営法によって禁止されているため、安心して働けるのもガールズバーのメリットと言えるでしょう。

ガールズバーの時給やバックについて

ガールズバーは夜のお仕事の中でも比較的時給は低い部類に入ります。
キャバクラやラウンジと比べて接客の距離が近くない分、利用料金が安くなっているからです。
とは言え一般的なアルバイトに比べればまだまだ高時給である上に、時給とは別に歩合給として貰えるバックがあるので、実質的には高い時給になっている女性もたくさんいます。

バックとは?

ガールズバーでは「ドリンクバック」と「ボトルバック」と呼ばれるシステムがあります。
お客様からドリンクを頂いた時やシャンパン等のボトルを卸して貰った際に、店舗で決められた金額もしくは数%~十数%の歩合給が入る、というものです。

このバックを上手く稼ぐことができれば、時給と合わせて多くの金額を稼ぐことができます。

ガールズバーの働きやすい点

ガールズバーではキャバクラなどと比べて働きやすい点がいくつか挙げられます。
その中でも特に下記3つの点に関しては、多くの女性がガールズバーで働く上で重視する項目です。

1.アフターサービスがない
2.出勤シフトの調整が楽
3.お酒をたくさん飲まなくでも問題ない

順にご説明していきます。

1.同伴やアフターがない

キャバクラでは出勤前にお客様と食事に行ったりする同伴出勤や、営業終了後にお客様と遊びに行くアフター等がありますが、ガールズバーにはこれがありません。

店舗外でお客様と会わなければならないことにストレスを感じる女性は多く、ガールズバーではこうした営業が必要ないため、ストレスフリーで働きやすい環境として定評があります。

2.出勤シフトの調整が楽

夜のお仕事では出勤シフトが店舗に決められてしまうことも多く、またシフトの急な変更で
罰金やペナルティを受けるところもあります。

ガールズバーでは基本的にそういったことでの罰金やペナルティはありません。
アルバイト感覚でお仕事が可能で、シフトの調整が楽にできる点は働きやすさの重要なポイントとなっています。

3.お酒をたくさん飲まなくでも問題ない

お客様からドリンクを頂くことは日常的にあるものの、基本的にお酒は全て女性が作るためお酒の濃さ或いはアルコールの有無はこちら側でコントロールができます。

もちろんお酒好きであったり、少し酔った方が楽しく接客できるという方はお酒をそのまま飲んでも構いませんが、お酒が弱くあまり飲めないという人は調整を効かせて出来るだけアルコールを取らない様にすることも可能です。

「飲み物」自体はある程度飲む必要がありますが、アルコールでないだけで体への負担が大きく軽減します。
お酒が飲めなくともしっかり稼げるのはガールズバーならではのメリットと言えるでしょう。

ガールズバーは楽をして稼げる環境ではありません

イメージ画像

ガールズバーは他のラウンジ、クラブなどと比べると比較的働く上でのハードルは低いかもしれませんが、実際に働いてみると決して「楽」と言い切れるものではありません。

生活リズムが崩れやすい

ガールズバーは夜が営業時間になるので生活リズムが乱れやすくなります。
特に昼職との掛け持ちで働く場合、営業時間が遅くまでなりやすい上にお酒を常飲してしまうため、本職の方に支障が出てしまう可能性もあります。

酔ったお客様の対応

ガールズバーは2件目3件目で利用されることが多い為、酔ったお客様の接客をすることが多いです。
ほろ酔い程度であれば楽しく接客ができますが、泥酔されている方の場合会話することも難しい場合もあります。

また酔った勢いで他のお客様に絡もうとする方もいらっしゃるので、そういった方をなだめて他のお客様の迷惑にならない様に気を遣う必要があるのもガールズバーならではの悩みです。

ガールズバー比較的融通が利きやすい店舗が多く、働きやすさの点でメリットはありますが、全て楽して稼げるアルバイトではないということは頭に入れておきましょう。

まとめ

ガールズバーは昼間のバイトに比べると時給が高く、またナイトワークの中では比較的安全に働ける環境です。

「ナイトワークで安全な店舗を探してる」
「高時給のアルバイトがしたい」
「自分の努力がお給料に反映される所で働きたい!」

という人にはピッタリの業種です。
一度型にハマればリピーターも獲得しやすく、バックも増え、良いお小遣い稼ぎになることでしょう。

稼げる上に働きやすい環境を手に入れるために、ガールズバーで一度働いてみませんか?

 

ラウンジプレス

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています。

当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫