/**/

「夜のお仕事で働きたい!」と考えた時に色々探してみたものの、お仕事の詳細や面接がどんなものなのか求人情報だけでは分かりにくい、と感じたことはありませんか?

ある程度ナイトワークの経験がある女性なら特に心配はないかもしれませんが、初めて夜のお仕事に従事する方にとっては詳細が分からないのは不安が大きいですよね。

そこで今回はナイトワークでも人気のあるキャバクラ、ガールズバー、会員制ラウンジの3つに絞ってお仕事の詳細とそれぞれの面接についてをまとめてみました。
夜のお仕事の求人に応募する際は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さいね。

キャバクラの店舗とお仕事の詳細

イメージ画像

夜のお仕事で最もメジャーと言えるキャバクラ。
ナイトワークと言えばこのお仕事を連想する女性も多いのではないでしょうか。

キャバクラはソファー席でお客様の隣に座って接客するお仕事です。

会話をメイン進めながら、お酒を作ったり煙草に火を付けたり、グラスを拭く等のテーブルマナーを交えつつ接客を行います。
会話がメインとなるため、ある程度男性の趣味の話やお仕事の話に付いていける知識があると働きやすくなります。

ヘアメイクとドレス着用が必須である店舗が多くなっており、お店によっては衣装の貸し出しや無料でヘアセットをおこなってくれるところもあるので面接時にしっかり確認できると良いですね。

東京を中心とする都市部では1ヶ月に数百万円~数千万円を稼ぐ大物キャバ嬢もたくさんおり、一度ハマれば大金を稼ぐこともできる業種となっています。

たくさん稼ぐには指名を獲得するための努力が必要になりますが、自分の頑張りや実力がしっかりとお給料に反映される最もたるお仕事と言えるでしょう。

キャバクラの面接や待遇詳細

キャバクラは店舗によってランクが大きく分かれており、お店によって採用基準等が異なります。

敷居の高いお店ほど時給やバック率(歩合給)は良くなる傾向にありますが、その分採用基準も高くなっていくので注意が必要です。

あまりにも奇抜過ぎなければ、ある程度派手めな髪型や服装、化粧も許容されることが多くなっています。

安キャバや朝キャバと呼ばれるキャバクラの中でも料金が比較的安い所の場合は、ぽっちゃりした女性なんかも入店できる場合が多いので容姿に自信がない方でも一度は求人に応募してみても良いかもしれません。

ガールズバーの店舗とお仕事の詳細

イメージ画像

一般的なバーの店内で女性がバーテンダーとして接客する形態の店舗です。

カウンター越しでの接客になるため、ナイトワークの中でもお客様との接客の距離があり働きやすいという特徴があります。
ただし時給は夜のお仕事の中でも安い部類に入るため、ガッツリ稼ぎたいと考える人には少し不向きかもしれません。

団体や複数人のお客様が利用されることが多く、マンツーマンで接客することがそう多くありません。

またカラオケやダーツを始めとするアミューズメントも店内で利用でき、それらを楽しむお客様も多いことから、ある程度接客が苦手な方や会話に自信が無い女性でも安心して働けます。

カジュアルな私服で勤務することができるのもガールズバーの特徴です。

夜のお仕事の経験が無くても周りがサポートしてくれやすく、店舗全体が仲良く営業しているところも多いので、夜のお仕事で働きやすい環境を求めるのであればピッタリの業種と言えるでしょう。

ガールズバーの面接詳細

採用基準のハードルは低く、容姿に自信が無いという方でも十分受かる可能性の高いお仕事です。

コンセプトが幅広く、様々な種類の店舗があるため自分に合った雰囲気のお店を見つけられると、より面接に通りやすくなります。

出勤シフトも自由が利きやすいお仕事であるため、昼職との掛け持ちやWワークといった働き方でも採用されやすいのも良い点です。

大学生なども多く働く業種で比較的年齢層は若くなります。

会員制ラウンジの店舗とお仕事の詳細

イメージ画像

会員制ラウンジは東京を中心に増えてきた勢いのあるナイトワークです。

その名前の通り会員制であることからステータスの高いお客様が集まりやすい傾向にあります。
裕福層をターゲットにした店舗であることから時給やバック率も高い所が多く、求人情報の中でもかなり人気のある業種です。

テーブルマナー(お酒を作ったり煙草に火を付ける等)が必要なく、会話を中心にお客様と一緒にお酒を飲みながら楽しむことがメインとなっているため、過剰に細やかな気配りが必要ないという特徴があります。

お仕事の内容はキャバクラとほとんど同じで、ソファー席でのマンツーマン接客に加えて指名や同伴などのシステムがあるものの、バック率が高い傾向にあり高単価で稼ぐことが可能です。

私服勤務で、ドレスの着用が必須ではないところが最大の特徴になっています。

またノルマやペナルティがないため経験の有無に関わらず、女性にとって安心して働ける環境であると言えるでしょう。

会員制ラウンジの面接詳細

今回ご紹介している夜のお仕事の中では、面接の採用基準が最もハードルの高い業種です。
ビジュアルを重視している店舗がほとんどで、ルックスとスタイルは最重要項目となっています。

容姿にある程度の自信が無い方にはおススメし辛いお仕事ですが、その分時給やバック率は高めに設定されているので挑戦してみる価値は大いにあるお仕事です。

在籍しているのは年齢が若めの女性が多く、10代~20代後半までの方で9割以上を占めています。

年齢を重ねると採用され辛くなる可能性が高まりますので、早いうちから一度面接を受けておく方が良いと言えるでしょう。

各業種の面接に共通すること

イメージ画像

今回ご紹介しているキャバクラ、ガールズバー、会員制ラウンジの様な夜のお仕事の面接で必要となるものや共通事項について解説致します。

面接で必要なモノについて

夜のお仕事は一般的な昼のアルバイトとは違って履歴書は不要になります。
基本的には顔写真付きの身分証明書があれば問題ありません。

顔写真付きの身分証明書については
運転免許証/マイナンバーカード/パスポート/住基カード等が認められています。

一昔前までは卒業アルバムや学生証、資格証などでも対応可能でしたが近年は公的効果のあるものでしか受付できなくなりました。

※店舗によっては本籍地が記載された住民票が必要な所もあります。面接前の連絡時に確認しておきましょう。
住民票は市役所以外でもコンビニで発行することもできます。

体験入店について

本格的に店舗へ入店する前に、一度お店の雰囲気を掴むためにお試しで働くことを「体験入店」と呼びます。
体験入店では実際に働く時と同じ様に接客をしたり、お店のルールについて教えて貰えるので非常に便利です。

お給料ももちろんしっかり頂けるのでぜひ利用しましょう。

面接での服装はそのまま勤務できるものを!

面接に向かう時の服装に迷う方が多いですが、服装を選ぶ基準としてはその日そのままお店で勤務が出来そうな服、を基準に選ぶと良いです。

キャバクラの様なドレスは着用できませんが、その他の業種であれば「男性を接客する」という目的があるため、ある程度の目途は立つでしょう。

まとめ

今回はキャバクラ、ガールズバー、ラウンジのお仕事の詳細についてと面接に関わる詳細について解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

初めての夜のお仕事で迷った時は、ぜひ本記事を参考に応募する求人を選んでみて下さいね。

 

ラウンジプレス

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています。

当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫