ナイトワークで働く上で覚えておかなくてはいけないのが「ノルマ」や「ペナルティ」の存在です。なかにはナイトワークで働けば高額なお金が稼げると思っている人もいるかもしれませんが、なかには予想外のノルマやペナルティで手元にほとんどお金が残らなかった…なんて人も少なくありません。ナイトワークならではのルールについてしっかりと把握しておきましょう。

ナイトワークのノルマとは

イメージ画像

ナイトワークのなかでもノルマがあるのは、キャバクラやクラブなどのお店です。お店によってもノルマの考え方が違いますし、未経験者の場合はノルマなしを謳っているお店もあります。ただそのお店が気に入り長く続けるようになると、お店の人から「今月指名全然呼べてないよ」などと指摘されてしまうことも…。

そもそもナイトワークのノルマとは、お店の売上に繋がる「指名数」「同伴」などを月にどのぐらいできるのか、時給によって件数が決められていることもあります。

例えば時給3,000円の女性は指名が取れなくても問題なしでも、時給5,000円の女性はそれだけお店が求めるものも増えるので毎月の指名数や同伴数、などの件数が決められています。ようはキャバ嬢の実力によってもノルマが変わってくるのです。

お店にとってもお店の売上を上げていかないと、女性に給料を払い続けることができません。ただでさえ時給が高くお店に待機しているときにも時給が発生するお店になると、売上を作れるキャバ嬢がいかに重要なのかがわかると思います。

またノルマを設けることによってキャバ嬢の目標にも繋がりモチベーションの維持にも繋がります。そのためノルマの達成度をキャバクラのバックヤードなどに全員がわかるように貼り出しています。このノルマが全く達成できない女性は辞めて行ってしまう人がほとんどです。

ノルマの種類はどんなものがある?

イメージ画像

ノルマといっても種類がありますので、それぞれ解説していきたいと思います。お店によっても契約によってもノルマの種類が違いますが、一般的なものになります。

1. 売上

一番わかり易い方法かもしれません。お客さんに使ってもらう売上の総額をノルマにしているものです。

よく売れっ子キャバ嬢やホストなどが「月に1,000万円売り上げました」などと自分の価値を宣伝していますよね。売上は総額は重要で、その中身については対して重視されていません。例えばお酒が得意な人はボトルなどのドリンクをドンドン飲んで、客単価を上げる人もいます。指名のお客さんに毎日来てもらって売上を作ってもらうキャバ嬢もいます。同伴が好きな人はその回数を増やしても売上のUPになります。

売上を作れるうキャバ嬢はどのお店に行っても時給が高く重宝されます。売上を一定以上稼ぐことを条件に給料を決めているキャバ嬢もいます。

2. 指名

キャバクラで多い指名数のルールです。指名数の多いキャバ嬢はそれだけお店にも貢献できます。というのも普段は一人で来ているお客さんであっても、ときには会社の人を連れてきたり、大人数でお店を使ってくれることもあります。

指名数が多い女性はそれだけお客さんを呼べるので指名数にこだわるお店が多いのです。本指名の件数が決まっている場合もあれば、新人さんだと場内指名の件数が決まっていることもあります。

ただ場内をたくさん取れるのに本指名に繋がらない女性だと、連絡先を交換していなかったり営業をかけていないのがバレてしまい、努力していないとみなされてしまうことも。指名数のノルマを設けているお店は多いので、出来る限り取れるように努力したいものですね。

3. 出勤

お店のノルマで最も多い出勤ノルマです。昼間の仕事があるなしなど関係なく、週末のお店が混雑する曜日は1時間でも2時間でも出勤するように決められているお店もたくさんあります。

出勤数が少ないと女性はその分男性との出会いも少ないので指名には繋がりにくくなります。また繁忙期の12月もできるだけ出勤できるかどうか聞かれます。なかには毎日出勤できます!と伝えただけで時給が高くなることもあるので出勤数は出来る限り上限で頑張るのをおすすめします。

指名数が増えてくればお店にとっても手放したくないキャバ嬢になるので、多少の条件は飲んでくれます。出勤しなければいつまで経っても状況は変わりませんし、入店して結果がでないと良い条件のお客さんを回してもらえなくなり、売上の作れないヘルプばかりの仕事になってしまいます。

4. イベント

ナイトワークではイベントも集客できる機会の1つです。このイベントでお客さんを呼べるかどうか、呼べない場合は高額なペナルティがついてしまうこともあります。

イベントチケットの販売数をノルマ制にしているところもあります。クリスマスやバレンタイン、夏のイベントなど限られた時期のみイベントが行われているところもあれば、キャバクラによっては毎日ノルマを設けているところもあります。

新人のうちはイベントノルマも少なめですが、お店に慣れてくると連れてきて当たり前になってしまうことも。同伴に誘ってイベントに来て欲しいなど女性も必死に誘う必要があります。

ナイトワークのペナルティ(罰金)とは

イメージ画像

ナイトワークで注意しなくてはいけないのが、ペナルティの存在です。特に昼間仕事をしていて、急にシフトが変わる人や残業のある人は注意しなくてはいけません。お店によってもペナルティの種類が違いますが、最も多い罰金について説明します。

1. 当日欠勤(当欠)

当日に欠勤の連絡をするのは当欠に当たります。

お店によっても営業時間前に連絡がくれば対象外にしてくれるケースもあれば、前日の営業時間内でないと当欠扱いにするお店もあります。お店によっても当欠の対象は違いますが、まるまる1日分の給料がペナルティになってしまうこともあります。

当欠が続くと時給が下がったりお店を続けられなくなってしまうことも。
お店にとっても女性の出勤数を管理しつつその日の売上を決めているので、どんな事情があっても当欠は大きなマイナスにしかなりません。

もし体調不良での当欠なら1時間でも出勤して、早退したほうがペナルティにはならないのでおすすめです。

2. 無断欠勤(無欠)

無欠は1回でもクビになることもあるので、どんな事情があっても絶対にNGです。
お店によっては自分の保証日給の2倍以上のペナルティの対象になるので、せっかくの給料がムダになってしまいます。

またお店にとっても信用できない人だと思われてしまい、シフトの融通がきかなくなってしまいます。休みたいときは必ず1本連絡を入れておくようにしてください。

3. 遅刻罰金

キャバクラの出勤時間よりも遅れてしまう場合、遅刻としてペナルティの対象になります。

注意するべき点は、お店に入った時間ではなく着替えてタイムカードを切りもういつでもお客さんの席に座れる状態が“出勤”とみなされることです。そのため時間に余裕を持って出勤しないと、他の女性スタッフと着替えの時間がかぶってしまい時間がかかることもあります。

お店によってもさまざまですが、遅刻10分に対して2,000円など高額なペナルティになります。ペナルティの時間や金額が違うので、もし仕事で遅刻してしまうときはどういった対応になるのか事前に面接で聞いておくと安心です。

ちなみに同伴で遅刻するときは対象外になり、「今日、同伴の為遅れます」と電話連絡しておくのがマナーです。あなたの入時間に合わせて別のお客さんがお店に来てしまうこともあります。お店にとってもいつ入店するのかわからないと困ってしまいますね。

まとめ

ナイトワークも普通の仕事と変わりません。真面目に仕事ができるかどうかでノルマやペナルティも防ぐことができます。仕事にプロ意識を持って頑張りたいものですね。

 

ラウンジプレス

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています。

当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫