ラウンジで働いてみたいけど、面接に通る為にはどうしたらいいの?
そんな疑問を抱えている方もいるかもしれません。ラウンジは誰でも面接に合格できるわけではありません。

特に高級店になればなるほど、採用基準は難しくなると考えてもいいでしょう。ラウンジの面接に合格するためのポイントや落ちてしまうのはどんな人なのかも含め説明します。

お目当てのラウンジを見つけたら面接で落ちることがないように、しっかりと対策しておきましょう。

ラウンジの面接とは?どんなことを聞かれるの?

イメージ画像

ラウンジのように水商売というと、面接では特別なことが聞かれるのではないかと身構えてしまう人もいるかもしれません。

ラウンジの面接で聞かれる内容は一般的な質問と対して変わりません。

例えば…

・週に何日出勤できるのか

・水商売で働いた経験があるのか

・働く希望の曜日や時間帯(繁忙期や週末は出勤できるか)

・時給はいくらぐらいほしいのか

・指名として呼べるお客さんはいるのか?(時給UPに繋がります)

少し言い回しこそ違うかもしれませんが、昼間の仕事の面接と対して違いません。

なかにはラウンジの面接なら多少の嘘もOKと思っている人もいるのですが、面接をする相手は接客業のプロですので、「あ、この人嘘ついているな」などバレてしまいます。ラウンジの面接では嘘をついたり、面接を受けているときの態度にも注意してください。

どんなに見た目がキレイな女性であっても、他の女性とのバランスもありますし口や態度が悪いと「一緒に働くのは難しいな」と思われてしまい面接で落とされてしまう可能性が高くなります。

面接では背筋をピンとのばし社会的なマナーも意識しつつしっかりと受け答えができるようにしましょう。

ラウンジに面接に行くときの服装・メイクのポイント

イメージ画像

ラウンジの面接に行くときの身だしなみのポイントについて説明していきます。
面接にそんなに気にしていかなくてはいけないの!?と思う人もいるかもしれません。

面接するのがスタッフや管理職の人が多いのですが、初対面だと5秒で印象が決まるといわれています。
一度決まってしまった印象を変えるのはかんたんなことではありません。

ラウンジに面接に行くときの服装やメイクについてしっかりと抑えておきましょう。

1. 服装

ラウンジの面接ではカジュアル過ぎる服装やジーパンなどのパンツスタイルは控えるようにします。
きれいめなスカートスタイルやワンピースなどを選ぶこと、華美なものではなく上品さを演出できる服装が最適です。

個性の強すぎる服装や露出度の多い服装だと、我が強すぎる印象になってしまったり、お店のコンセプトとは違うなと判断されてしまうことも。
またダボッとした服装だと身体のラインがわからなくなってしまうので、せっかくならウエストラインなどがわかる服装でアピールできるほうがいいですね。

地味すぎるのもマイナスな印象に思われてしまうこともありますので、持っている洋服のなかでもきれいめがベストです。

2. メイク

面接のときにメイクですが、昼間の仕事だとできるだけナチュラルメイクでといわれますが、ラウンジの場合は店内が薄暗いので少し濃い目のメイクをしていないと全体がぼやけてしまうこともあります。

リップしか使わない女性は口紅をつけてみたり、マスカラの下地をつけて仕上げてみたりとイメージでいえばデパートの化粧品売り場でメイクをするときのように、きれいに仕上げていくと印象が良くなります。

またアイプチでもあまりに不自然だったりつけまつげがずれているなど、普通に見てもちょっと…と感じるメイクは絶対にやめること。
面接の前にメイク直しはしっかりとしておきましょう。

3. バックや靴

服装やバック・靴などすべてに言えることですが、無理にハイブランドのものを持っていく必要はありません。
きれいにお手入れされているものであれば、ノーブランドのものでもいいのです。
一般的な面接で派手なバックを持っている人はそうそういませんよね。

ビジネスマナー的にいえばブランドものは避け、無地のものが最も適している考えられています。
ラウンジの面接だからと無理に背伸びをするのはおすすめしません。

硬すぎずシンプルなバックを持っているとさまざまなシーンでも使えて便利です。

4. ヘアスタイル

ラウンジの面接で最も注意しなくてはいけないのが、髪の色です。
ナイトワークというと、金髪だったり盛り髪など派手なイメージが強いかもしれません。
確かにキャバクラやガールズバーなどは派手な髪色や盛り髪の人もいますが、ラウンジではまず見かけません。

“大人の社交場”としての利用も多いので金髪だったり奇抜な髪の色にしていると面接に落とされてしまうこともあります。
黒や茶髪などの落ち着いた髪色で面接に行くのをおすすめします。

また髪の毛がひどいプリンだったり、髪がバリバリで傷んでいる状態も印象がか悪くなります。
面接に行く前にまずは美容室などで髪を整えてもらい、清潔感を演出することが大切です。

ラウンジは面接で時給が決まる?落ちる人とは

イメージ画像

ラウンジの面接で最も重要なのが、そこで「時給」が決まってしまうことです。

求人などで掲載されていた時給が有ると思いますが、あくまでも基準に過ぎません。例えばお店にとってもお客さんに気に入られる女性だったり、経験が豊富、レギュラーで出勤できる女性には高い時給を出しても入店して欲しいと思うものです。

高い時給を払う価値のある女性かどうかを決めるのが、初対面でもある面接なのです。たくさんの女性を見てきたからこそ、会ってすぐに人気がでるかどうかはわかるもの。見た目はそこそこでも気立てがよく、話していて感じの良い女性はどこにいっても好かれます。

ラウンジの面接で落ちてしまった…なんて経験がある女性もいるかもしれません。お店にとってもせっかくお店に来ている以上、面接で落とさないように調整しています。例えば想定以上の応募が来てしまい、仕方なくお断りというのはあるかもしれません。

面接に落ちるのは具体的にこんな人です

・繁忙期や週末に出られない

・出勤日数が少なく、レギュラー勤務で働ける人が欲しい

・求めている給料が高すぎて労働条件が合わない

・面接に遅れてきたり曜日の変更が多い

・経験者を希望していて未経験だった

・面接で足組みをしていたり貧乏ゆすりをするなど態度が悪い

・言葉の使い方を知らず、お客さんとの層に合わない

・見た目がお店のレベルに見合っていない

など、お店によってもさまざまです。

特に会員制のラウンジなど高い単価のお店になると女性に求める基準ももっと高くなります。
そのためお店と雰囲気が合わないだけでも面接で落とされることもあります。

もし面接で落ちてしまったときは、まず何が原因だったのかを考え改善していくようにしましょう。ナイトワークは狭い世界ですので安易に考えていると働けるお店がなくなってしまいます。

まとめ

ラウンジで働く為にはまずは面接に受かる必要があります。
ラウンジの面接は行けば必ず受けるわけではないからこそ、事前にしっかりと準備していき、当日は時間よりも早めにお店に行きます。どうして働きたいのかハキハキと自分の言葉で伝えてくださいね。

 

ラウンジプレス

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい。
高収入バイトを検索したい。短期でバイトしたい。
即日給料支給で稼ぎたい。
副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい。
といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています
当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫