/**/
イメージ画像

こんにちは!

今回は都内にあるラウンジと地方にあるラウンジについての説明をしていきます。

同じ「ラウンジ」でも営業形態が違っていたり女の子の系統が違っていたり様々な違いが都内のラウンジと地方のラウンジであります。

それでは早速それぞれの違いについて解説していきます。

ラウンジは2種類ある

冒頭でも言った通りラウンジには2種類あります。

それは「会員制ラウンジ」と「ラウンジ」です。

ナイトワーク業界で一般的には都内にあるラウンジを「会員制ラウンジ」と呼ぶのに対して、地方エリアにあるラウンジを「ラウンジ」と呼んでいます。

「会員制ラウンジ」の特徴

まず「会員制ラウンジ」の特徴からお伝えします。

そもそも「会員制ラウンジ」がある場所は限られており、東京都港区をはじめとする六本木、西麻布、恵比寿、赤坂、銀座、新橋、青山、三軒茶屋に「会員制ラウンジ 」があります。

その他エリアで営業しているラウンジは基本的には「会員制ラウンジ」ではないです。

接客は基本的にマンツーマンで行い基本的には1人のお客さんに30分つき、30分たったら他の女の子と代わります。
お酒を作る、タバコに火をつけるなどのテーブルマナーはしなくて大丈夫です。主な仕事はお客様との会話を楽しむこと。

お店によってはテーブルマナーがあるラウンジもありますがそこまで厳しくないです。

では具体的に何が違うか、こちらをご覧ください。

「会員制ラウンジの特徴」

時給:4,000〜6,000円

シフト:週1からOK

服装:私服(お店によってはパンツスタイル可)

女の子の年齢層:18〜20後半

採用基準:高い

客層:富裕層、著名人、有名人

以上が「会員制ラウンジ」の特徴になります。

次にそれぞれを細かく説明していきましょう。

時給は未経験でも4,000〜6,000円くらいがもらえるのが「会員制ラウンジ」の特徴。

最近では採用されれば最低5,000円の時給は保証されるというお店も増えてきました。

高級キャバクラに負けない時給をつけるお店も多くあり、時給10,000円以上で働いている女性もいます。
高額な時給に加えて高額バックもあるので日給5〜6万も珍しくはありません。

日によっては日給10万越えもあります。

シフトは週1からの採用をしています。
会員制ラウンジに在籍している女の子の特徴としては芸能系やモデルなどの方が多く仕事が不定期なためその仕事に合わせてお店もシフトの融通を利かせてくれます。

学生やOLさんでも次の日学校が始まるのが遅かったり仕事の休みの前の日だけ働くなど柔軟な対応をしてくれます。

服装は私服でOKです。
私服はスカートやワンピース系が望ましいですがお店によってはパンツスタイルを可能とするお店もあります。

パーカー、デニム素材のもの、スニーカー、メガネ、帽子などはNGですので気を付けましょう。

女の子の年齢層は18〜20代後半と他の職種に比べると若いです。
一番多い年齢は20〜23くらいで主に大学生の子が在籍しています。

採用基準はかなり高いです。
「会員制ラウンジ」はキャバクラやクラブと違い容姿を第一見ます。

容姿レベルもかなりの基準を求めるので「会員制ラウンジ」に在籍する子は実際にモデルやアイドルをやっているなんてことも珍しくはありません。

客層は主に富裕層、著名人、有名人が来店されます。

会社の社長さん、会長さんや有名人だとミュージシャン、俳優、ジャニーズなどテレビや雑誌で見るような方々が多くいます。

お客様は他のお客様の紹介か、スタッフの紹介、女の子の紹介でしかお店に入れないため会員の質もかなりいいと言えるでしょう。

「ラウンジ」の特徴

「ラウンジ」は東京都以外にあるお店のことで全国にあります。

「会員制ラウンジ」と違うのは「ラウンジ」はスナックに近い存在であることでしょう。

ママと呼ばれる店主がいてママのサポートをするのが主な仕事となります。

「会員制ラウンジ」はママがいなくマンツーマンでの接客であるのに対して「ラウンジ」はママのお客様のサポートになります。

接客内容としてはお酒を作ったり、タバコに火をつけたりします。

ここも「会員制ラウンジ」との違いと言えるでしょう。

「ラウンジ」の特徴

時給:1,500〜3,000円

シフト:週1からOK

服装:私服またはワンピースやドレス

女の子の年齢層:20後半〜30代

採用基準:低い

客層:サラリーマン、地元の方

時給は「会員制ラウンジ」と比べると安いですがスナックと同じくらいでガールズバーより高い基準です。

シフトは週1から大丈夫なので自分の予定に合わせて働けるのがポイント。

服装はお店によって違って、私服OKのところもあればワンピースやドレスのところもあるのでお店に確認しましょう。

女の子の年齢層は「会員制ラウンジ」と比べると高く20代後半〜30代くらいの女性が活躍しています。

お子様がいる方も働きやすいようにサポートしてくれます。

採用基準は「会員制ラウンジ」と比べると低いです。
容姿を基準とするより愛嬌であったりやる気、明るさなど内面的なことを重視しています。

客層はサラリーマンの方が多く地元のお客様が多く来店されています。
昔からの常連客で連日賑わい地元の方に愛意されているお店が多いです。

まとめ

いかがでしたか?

「会員制ラウンジ」と「ラウンジ」は結構違っていたかと思います。

どちらにも共通して言えることはシフトの融通が利きやすく働きやすいということ。

自分にはどちらがあっているか確かめていいナイトワークライフを送れればなと思います!