/**/

会員制ラウンジやキャバクラで働いていると、お店の雰囲気や条件が合わずに辞めたいと思うことも来るはず。

我慢して働いていても、モチベーションは上がらないしいいことはありません。
今回は、ラウンジのバイトを辞めたいときの対処法について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ラウンジのバイトを辞めたいときは1ヶ月前に言うのが良い

イメージ画像

いくら出勤が自由なアルバイトだからと言って直前に辞めることを伝えたり、なにも言わずにバックれて飛んでしまうことはおすすめしません。

ラウンジ業界は良くも悪くも狭い世界なので、辞めるときに印象の悪い辞め方をしてしまうと、スタッフや女の子伝えで新しいお店に悪い噂が回ったりしてしまう可能性もあります。

ナイトワークは今後やることはないと決めて辞める人以外は、余裕を持って1ヶ月前に辞めることを担当スタッフに伝えるようにしましょう。

直前すぎると給料トラブルになる可能性も

ラウンジの給料体系はお店によって様々ですが、全額日払いの対応をしている店舗は限られています。

給料の支払い方は、
・翌出勤日全額日払い
・時給分のみ当日、バック分は月末払い
・1日1万円まで
などいろいろな支払い方があります。

相談せずに直前に辞めたり、なにも言わず辞めたりするとお店によっては給料の支払いをしてくれなかったり、気まずくて取りに行きづらいなんてことも。

お店も女の子が辞めてしまうのはしょうがないと割り切っているので、辞めたいと思ったときはしっかりと前持って伝えておきましょう。

ラウンジのバイトを辞めたいときの言い訳は?

イメージ画像

ラウンジのバイトを辞めたいときにいつまでに言えばいいのかわかったけど、「なんて言えばいいのかわからない」と思っている方も多いはず。

ここでは、ラウンジのバイトを辞めたいときに使える言い訳を紹介します。

事前に辞めるときの言い訳を考えてからスタッフさんに伝えましょう。

言い訳1.他の店舗で今よりも良い条件で誘われている

今のお店の条件に納得していないときに使える言い訳です。

例えば、「今が時給5,000円だけど他のお店では時給6,500円と言われてるからお店を変えようと思っている」といったように伝えます。

ですが、ナイトワーク自体を辞めたいときにこの言い訳を使うのはおすすめしません。この言い訳を使って、「そしたらうちでも時給6,500円出すから辞めないで欲しい」と言われたら断りづらくなってしまうからです。

この言い訳は、お店を変えたかったり、今のお店は変えたくはないけど条件を良くしたいときに使うこと。
あまりに今の条件とかけ離れていると嘘だと思われてしまうので、ほどほどの条件で伝えましょう。

言い訳2.彼氏or親にバレて辞めないといけなくなった

ラウンジで働く際に、彼氏や親に内緒で働いているとあらかじめ言ってある女の子におすすめなのがこの言い訳。

自分は働きたいけど、彼氏や親が厳しくて行かせてくれないと言えるので、スタッフもなかなか止めづらいです。

このまま無視して働き続けると、関係が悪化するので、一旦休んで落ち着いてからまた出勤しますと伝えるのがベター。この言い訳でフェードアウトしていく女の子も少なくはありません。

言い訳3.学校が忙しくなった

就活や実習などを控えている学生におすすめなのがこの言い訳です。

お店側も学業よりも仕事を優先しろとは言わないので、スムーズに辞めることができます。このときに、学校を休めばいいじゃんと言ってくるお店があったら、問題アリなのですぐに辞めた方がいいです。

この言い訳でも、学校が落ち着いたらまたシフトを復活させますと言えるので、フェードアウトしやすいですよ。

言い訳4.就職をするから働けなくなる

こちらも学生におすすめの言い訳です。

実際に2〜3月ごろになると、学校に行きながら働いている女の子が辞める時期なので、お店も理解してくれます。ナイトワークは学生までと決めている女の子も多いので比較的辞めやすいタイミングです。

学生だけではなく、フリーターの方にも使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

言い訳5.会社にバレて働けなくなった

会社に内緒で副業をしていると伝えていて人におすすめな言い訳です。

実際に、自分が勤めている会社の人がお店に来ると言うことも少ない可能性ですがあり得ることなので、お店側もバレて働けなくなることは把握しています。

会社にバレたと言った場合は、他の言い訳と比べて直前に言っても大丈夫な場合があるので、すぐに辞めたい方におすすめ。ですが、働いてなくフリーターや学生なのにこの言い訳を使うと、嘘だとわかってしまうので気をつけましょう。

辞めるときこそしっかり伝えよう

ナイトワークを今後やることがないのなら、辞め方にそこまでこだわる必要はありませんが、新しいお店にいきたいと考えている女の子はしっかりと伝えましょう。

悪い噂が広がって、新しいお店に伝わって不採用にされてしまったりしたら、働きたくても働くことができなくなってしまいます。

ラウンジプレスでは、ラウンジのバイトを辞めたい女の子のサポートもしていますので、1人では心細いと思っている方は是非一度相談してみてください。