/**/

ナイトワークで働いていると一度は聞く「ドリンクバック」。

でも実際どのようなシステムかわからないことが多いですよね。

そこで今回は、ドリンクバックについて詳しく説明します。しっかりと読んでドリンクバックについて理解していきましょう。

ドリンクバックとは

シャンパンが注がれている

ドリンクバックとは、お客様から頂いたドリンク一杯につき、お店で決められたバックをもらえるシステムのことです。キャバクラやガールズバーなどで多く採用されているバックシステム。

一般的にテキーラやシャンパンなど単価の高いドリンクはバックの値段が高く、カクテルなどの単価が低いドリンクはバックの値段が低いことが多いです。

ドリンクバックは、フリーのお客様からもらえるバックのため、お店に入ったばかりでまだお客様を持っていない女の子にとっては安心して稼げる手段として人気があります。

ラウンジにはお店によってドリンクバックがある

シャンパン

キャバクラやガールズバーは、売り上げや指名数を意識して仕事をする必要があるため、ドリンクバックでいかに稼ぐかが重要になります。女の子がお客様にドリンクをいただけるか会話を盛り上げながら、ドリンクをもらうことが大切。

それに対して、ラウンジでは連絡先交換も自由な仕事でドリンクも頼まなくてもいいので、ドリンクバックを設けているお店があまりない風潮にあります。

ラウンジでもドリンクバックを採用しているお店はあるので、もしラウンジでドリンクバックがあるお店で働きたかったらバックシステムをしっかり確認してから働くようにしましょう。

ドリンクバックの相場は300〜1,000円くらい

たくさんのワイン

ドリンクバックは、お酒の単価やお店が設定しているドリンクの単価によって変わってきます。

カクテルなど単価が低いお酒は300〜500円くらいで、テキーラやグラスシャンパンなど単価の高いお酒は1,000円くらいになることが多いです。

お店のイベント時にドリンクバックの単価が上がったり、イベント限定のスペシャルドリンクのバックもあったりするので、面接時にしっかり確認しておきましょう。

ドリンクをもらうためのコツ

ドリンクバックがどのようなものかわかったかと思います。

しかし、ドリンクの貰い方がわからなければドリンクバックで稼ぐことは難しいと感じてしまいますよね。

ここでは、ドリンクをもらうためのコツについて紹介します。
ナイトワーク未経験者でも使えるテクニックですので、ぜひ試してみてください。

一緒に乾杯していいか尋ねる

シャンパンで乾杯している

お客様がドリンクを頼んだときに使えるテクニックです。

嫌味なくストレートにお酒を一緒に飲みたいということを伝えられるので、ラウンジで働き始めた方におすすめ。

無理強いしない雰囲気を作れるセリフのため、OKしてくれるお客様も多いですよ。

「どうしようかな〜」と言ってくるお客様は押してOK

シャンパンをグラスに注いでいる

ドリンクをもらうために、一緒に乾杯をしていいか聞いたときに一度渋るお客様もいます。

本当に無理なお客様なら、ダメと言ってくるので、どうしようかなと言ったときは少し粘ってみましょう。

すぐにOKを出したくなくて、会話の駆け引きやキャチボールを楽しみながら女の子の様子を伺いたいだけなので、面倒臭いと思わないでノリに対応してあげるとドリンクをもらえますよ。

会話の流れで「イエス」を言わせる

グラスを持つ女性

ビジネスの交渉術や営業心理学でよく使われるものに「イエスセットトーク」というものがあります。これは会話の中で、イエスという肯定の言葉を繰り返していくと、イエスかノーかで迷う場面でもイエスと答えてしまうもの。

最初は誰でも簡単に答えられる質問から始めるのがポイントで、何回か相手からイエスを引き出した後に、自分の要望を伝えましょう。

例えば、
「今日はお仕事終わりですか?」→「うん、仕事が終わってそのまま来たよ」
「最近、寒くてベットからなかなか起きられません」→「そうだよね、仕事のギリギリまで寝ちゃう」
「冬って寒いし乾燥もすごいし大変です」→「ね、すぐ喉痛くなっちゃう」
「乾燥して、喉がカラカラで、、、あ、ドリンクって頼んじゃってもいいですか?」→「うん!全然いいよ!」

といった感じで行ってみましょう。
お客様からイエスを引き出すのが目的なので、難しすぎて考えてしまうような質問は避けるようにするとうまくいきますよ。

ドリンクバックをうまく活用して稼いでいこう

グラスシャンパンを持つ女性

ドリンクバックは一杯の単価は低いかもしれませんが、1組のお客様から毎回もらうように工夫したりすればちりもつもって馬鹿になりません。

ドリンクももらうことに慣れてくるとお客様との距離感の詰め方もうまくなってきて、指名が取れたりするようになります。

まずは一杯のドリンクをもらえるように頑張ってみましょう。