/**/

会員制ラウンジで働きたいけど「お酒が苦手で飲めない」「アルコールアレルギーだからどうしよう」なんて女性もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はラウンジでお酒が飲めない場合の対処法を紹介。

よく読んで参考にしてみてください。

 

ラウンジではお酒が飲めなくても大丈夫

画像

ラウンジなどのナイトワークでは、お客様と会話を楽しみながらお酒を一緒に飲むイメージ強いかと思います。お酒が飲めないと、そもそも働けないのではないかと思う人も多いですが、ラウンジではお酒が飲めなくても大丈夫。

ラウンジでは、お酒が飲めない女の子のためにノンアルコールの対応をしています。お店のオリジナルノンアルコールカクテルがあったり、緑茶ハイを頼んでも緑茶を出してくれたりなどです。

お酒が飲めないからと言って、ラウンジで働くのを諦めてしまう方がいますが、お酒が飲めなくても働けるので安心してください。

面接のときにスタッフさんから、お酒を飲めるかどうか聞かれるので正直に飲めないこと、苦手なことを伝えましょう。後で伝えるとトラブルになる恐れがありますので早めに伝えること。

ラウンジでお酒が飲めないときの対処法

ラウンジではお酒が飲めなくても大丈夫だとわかったけど、「実際に働くときはどうすればいいの?」「お酒が飲めないと断るには?」などさまざまな疑問を持つかと思います。

ここでは、ラウンジでお酒が飲めないときの対処法を紹介。

仕事に生かせることですので、接客のときにぜひ参考にしてみてください。

ノンアルコールカクテルを飲む

ラウンジでは女の子の用のノンアルコールカクテルが用意されています。またお酒を頼んでも、ソフトドリンクに変えて出してくれたりするお店も多いです。

女の子が酔い潰れてしまっては、お店も支障が出てしまうのでお酒への配慮はきちんとしてくれます。

中には、少しだけアルコールを入れるというお店もあるので、あらかじめお店のスタッフさんに伝えておくとノンアルコールでの対応をしてくれますよ。

お酒が飲めないことを正直に伝える

ノンアルコールカクテルでやり過ごそうとしても、やはりラウンジは夜のお酒の場なので、シャンパンやテキーラなどのショットが頼まれたときはやり過ごすのが難しいです。

オーダーが入ってからお酒が飲めないことをお客さんに伝えると失礼に当たるので、お酒が飲めないことは早めに伝えること。

お客さんはお酒を一緒に飲みたいというより、わいわい盛り上がっている雰囲気が好きな方が多いです。お酒が飲めない場合はトーク力でカバーしてみてはいかがでしょうか。

ノンアル対応のお店で働く

ラウンジでは比較的多くのお店がノンアルコールドリンクの対応をしています。お酒が苦手だったり、アルコールアレルギーの女の子でも働いているくらいなので安心できるでしょう。

今ではノンアル対応の店舗の方が多いですので、ノンアル不可なお店をあげるとしたら、六本木の「ミリオン」「レッジーナ」、西麻布の「ロジック」「アジト」などはお客さんをたくさん持っている、売上がかなりあるといった特別な場合を除いてはお酒が飲めないと少し厳しいです。

ラウンジプレスのお問い合わせにて、ノンアル対応のお店を探している旨を伝えてくだされば提案できますので、お気軽に連絡ください。

お酒を飲むことだけが仕事ではない

ラウンジでお酒が飲めない場合は

ラウンジはお酒が飲むことだけが仕事ではないのでお酒が飲めない子は他の部分でカバーすれば大丈夫です!

例えば、トークに磨きをかけたり、お客様の話に聞き上手であったり、些細なことでもお客様に気を遣えたりすればお酒が飲めなくても十分に接客ができお客様を楽しませることができます。

 
ラウンジプレス

会員制ラウンジバイト求人情報サイト「ラウンジプレス」に相談してみよう

厚生労働省の認可を受けているサービスで、六本木、西麻布、銀座、恵比寿を中心に会員制ラウンジのバイト求人サイトです。専門スタッフが安心して気軽に働けるナイトワークをご紹介させていただいております。

・今のお店よりも良い条件のお店でお仕事したい
・高収入バイトを検索したい。短期でバイトしたい
・即日給料支給で稼ぎたい
・副業、Wワークを気軽なシフトで働きたい

といった皆様の希望を叶えることができる職種や条件を掲載しています当サイトは毎日更新、随時変更しており、東京都に限らず全国各地の最新求人情報の雇用形態を分かりやすく内容を表示しています。

面倒な登録不要。費用は一切かからず、ラウンジプレスは以上サービスを無料で提供しています。

簡単に検索、利用できます!

貴方のバイト探しをフルサポート!

24時間、無料でいつでも質問、相談できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してスタンプ押してみてください♫